人間ドック,胃カメラ,エコー,メタボ,生活習慣病,がん,癌予防

人間ドック・鼻から胃カメラ【胃カメラ検査(経鼻)】

未分類

今日は朝から人間ドックに行ってきました。

検査項目は

・基本検査

診察・問診、計測(身長・体重・肥満度・BMI・腹囲・血圧・視力・聴力・眼圧・眼底)

・血液検査

HBs抗原検査、血液一般/肝機能/脂質/糖尿病/腎機能

・画像診断

胸部単純X線撮影、腹部エコー検査、乳腺エコー、胃カメラ検査(経鼻)

・安静時心電図

・子宮頚部細胞診

・便潜血検査/尿検査

なかでも初めての鼻からの胃カメラが恐ろしく怖かったです。

検査室に入ってすぐに、私の目に飛び込んできた胃カメラの先は見るからに私の鼻に入る代物ではなく、かなり怖気づいてしまいました。

まずコップ半量のまずい液体を飲まされ、

次に看護婦さんの言われるままに、ベットに横になると、鼻にシュ~~~っと(割と長め)麻酔のスプレーを吹きかけられ、傷みと不快さは言葉にならないものでした。なのに、喉にツ~っと流れてくるその麻酔を飲めと・・・・・むごい・・・(泣)

麻酔が吹きかけられる回数片方3回、合計6回、ツーンとする痛みと、つ~っと流れる苦い薬、やっとのことで終えたその後、また、されるがままに鼻に注射器を使ってゼリー状の液体を入れられました。こちらも麻酔のようです。こちらももちろんつ~っと喉に流れてきます。またまた、それを飲み込んでと・・・・・(泣)

鼻の痛みと、絶食の喉から伝わる苦くたまらない毒々しい味が、もうたまりませんでした。

傷みと怖さと不快さがMAXです。でも、やめますと言えるわけもなく・・・・・

そこに先生が登場され、鼻から胃カメラの始まりです。

何度目にしても無理~っと心の中で叫んでおりましたが、そのとおり、無理でした。

痛いのなんの、途中看護婦さんに抑えられましたが、

結果お医者さんも「穴が小さすぎて無理!」とギブアップしてくれました。

そこで、喉からの胃カメラに変更されたんですが、まぁこちらもこちらでかなりの苦しみでしたが、鼻の事前に行われる処置や、穴の大きさをどう考えても、鼻からカメラの不自然さにくらべるとかなり自然ではないかと思いました。

無理をした鼻からは鼻血がとまらず、鼻血をだしたまま、次の婦人科検診へ移動、

鼻から血を流しながら診察台へ・・・・・なんか自分でも笑えました。^^;

事前に知らされていた婦人科の先生の名前はみずき!

思い込みではありますが、てっきり女性かと思っていたら、カーテン越しに聞こえる声は男性でした。(笑)

そう言えば知り合いにもみずき君がおりました。^^;

う~んここでもサプライズ!・・・・婦人科検診選べるなら女性がよかったかな・・・・

その後検診を無事に終え、おさまったかのように思われた鼻血でしたが、

お昼におうどんを食べに入ったお店で、おうどんを食べながらいつものように鼻水が!

鼻水が・・・・・、鼻血~!!!!!

鼻血をだしながらおうどんを食べることになりました。(笑)

恐るべし検診、検診はとても大事だと思いますが、いつも大変です。

出産を経験し、産みの苦しみも知ってはおりますが、

日に日に痛みに弱く、我慢のできない自分になっているようです。^^;